SSKCLUBとは?

SSKCLUBとは

SSKCLUBとは、「S」そろばん「S」さんすう「K」幼児(KIDS)教育の3部門から構成されており、お子さまの計算力、算数力をサポートする教育です。

http://sskclub.jp/

当教室の指導

「計算は得意だけれど、文章問題が苦手なのです。」保護者様のこの言葉がきっかけで、当教室ではSSKCLUBの教材及び指導法を取り入れています。

いくら計算ができても、文章問題を解く時に、たし算なのか、ひき算なのかなど、どの演算を使うのかが分からなければ、せっかく計算力があっても算数に生かすことはできませんので、「計算力と算数力」を同時にUPできる学習をします。

キッズ教育

幼児期は、数観念(頭の中で数がイメージできることで、計算に必要な能力)が確立していませんので、計算に入るまでに数観念をつけることが大切です。

年長児から学習するキッズクラスは、SSKCLUBのオリジナルテキストと教具があり、教具のチップ(木片)・10珠そろばん・カード(そろばん珠・数字)・キッズパズルなどの具体物を操作することで、数字では読み取れない量を視覚的に捉えたり、数の構成を理解したりしてさまざまな角度から学びます。このような学習で数に強くなり、無理なく確実に数観念を身につけることができます。

アバカス(そろばん)クラス

アバカスクラスには、級ごとに構成された珠算テキストと、単元別の算数テキストがあり、在籍する学年・個々の発達段階を考慮して、お子さま一人ひとりの能力に合わせた内容から学習を始めます。

珠算テキストでは、それぞれの計算に入る前に、具体例からどのような場面でこれらの演算を使うのか、また式の意味や式の表し方を学びます。

算数テキストは、図形・時計・小数・分数・計算のきまり・割合・メートル法などの単元別に揃っており、これらのオリジナルテキストの学習で、計算力・算数力ともに身につけます。